バスで行く一人旅行

学校の修学旅行や町内会での団体旅行などでは「観光バス」での移動が当たり前ですが、一人旅行での移動手段としても、バスは身近で大変便利な存在だといえます。

 

特に、一人でも参加可能なツアーバスでの移動は、目的地までの乗り換えの必要がないため、車内で休みながら移動することができます。
また、長距離移動にともなう時間は飛行機や鉄道にはかないませんが、夜間の時間を有効活用した「夜行バス」もあり、眠っている間に目的地に到着できることでも大変便利です。

 

さらに、夜行バスを利用すると普通なら宿泊しなければならない時間に移動することで、宿泊料金を浮かすこともできるなど、一石二鳥以上のお得感があります。

 

夜行バスには、観光バスより少し広めの座席配置のタイプから、独立列2〜3列シートもあり、専用カーテンで自分だけの空間を保てる座席や、「女性専用車両」などもあるため女性の一人旅行でも安心して利用できます。

 

そのほか、京都などの観光地では当日参加可能な観光バスもあり、限られた時間でより多くの観光地をみられるなどのメリットもあります。
もし、格安料金での移動をするなら、観光地の路線バスを利用する方法がありますので、バスターミナルの場所や行先については、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

 

複数での旅行なら観光タクシーやレンタカーを利用すると、他の乗客に気兼ねすることなく、目的地間の移動ができますが、一人旅行ならレンタカーを使うよりも、バスやタクシーを使いながら移動してもいいでしょう。
そこは一人旅行ならではの自由さがあるので、移動手段の選び方も自分次第。
飛行機や新幹線で目的地まで移動したら、あとは一人で観光バスツアーを利用するのもよし、路線バスとタクシーを使うのもよしです。