飛行機で行く一人旅行

「どこでもいいから飛行機で旅行したい」と考える方も多いのではないでしょうか?
近場への国内旅行でも、一度は乗ってみたいものとして「飛行機」があります。

 

飛行機に乗る大きな魅力は、目的地へ短時間で移動できることですが、その前後の手続きに手間取るため、せっかちな人には向いていないかもしれませんね。
また、往復割引や事前購入割引を使う方法がありますが、それでも、ほかの交通手段を使う場合よりは、割高というイメージが否定できませんでした。

 

飛行機の一人旅行を格安にしたい!

そんな中、一つ注目したいのは格安航空会社(LCC)の格安運賃。
これまでの航空券とは全く違った料金で、区間や時期によっては新幹線より安いこともあります。
ただし、搭乗ゲートが遠いことや座席が狭いこと、機内サービスが無料ではないことなど、安さと引き換えに我慢すべき点もあります。
しかし、移動への交通手段として割り切るのなら、LCCの料金は絶対にお得で、ホテルと組み合わせて自分で格安パックを作ることもできます。

 

一人旅行で飛行機を利用するときは、宿泊先ホテルなどとセットになったツアーがお勧めです。
旅行会社では「おひとりさま」を対象にしたいろいろな企画をアピールしていますし、ホテル・航空券を組み合わせたフリーのダイナミックパッケージも利用しやすいので、飛行機で一人旅に行く方は有効利用するといいですね。
一人旅で飛行機を利用するなら、出張パックなどを利用してもお得です。

 

飛行機の座席選び

飛行機を利用するときは、座席の位置が気になります。
どこを選ぶのかは、移動時間の長さや機内での過ごし方などを参考に選ぶようにしましょう。

 

たとえば、窓側の席は、外の景色を楽しめる特等席ですが、トイレに行くときは隣の人に気を使う必要があります。
それとは逆に、通路側の席を取ると、隣席の人がトイレに立つたびになんらかの影響を受けます。
もちろん、「おたがいさま」といいたいところですが、一人旅行の時は隣が知り合いであることはないので、座席選びひとつにも予約前に考えたいものですね。